女子大生のデリヘル嬢が良かった

ここ(http://kappakun.jp/SHOP/rating_list.html)をチェックして気になっていたデリヘルを利用した時の事。写真を見ただけでは何も思わなかったんですけど実物とご対面した時に物凄く若いなって思ったんです。若作りしているから若いんじゃなくて、そもそも若いんです。若くあろうとしているというよりも自然と若い。だから思ったんです。もしかしたら大学生なんじゃないかなって思って聞いてみたらビンゴでした。そこからはもうデリヘルだとかではなく、とにかく興奮しましたね。だって女子大生と楽しめるなんて思ってもいませんでしたから。肩書きの問題ではあっても、女子大生と楽しむ事が出来るなんてデリヘル様様ですよ(笑)若いだけあって肌に張りがあるのももちろんですが、一生懸命でしたね。良い意味であまり手を抜かないっていうか、普通はフェラに疲れてくると手コキになったりすると思うんですけど最後までしっかりとフェラで導いてくれました。あの一生懸命さ、そして女子大生っていう肩書き。すべての面で物凄く満足する事が出来たんじゃないかなと。

初めてのデリヘル店は緊張と快感の連続

いくら風俗ではあっても毎回同じデリヘル店を利用しているとたまには違うお店で遊びたいなって気持ちになると思うんですよ。それで一年ぶりくらいにいつもとは違うデリヘル店を使ってみたんです。まさにアウェーって感じですよね(笑)でも時には風俗でもこうしたアウェー感を味わうのはなかなか大切なんじゃないかなって思いましたね。やっぱり物凄く刺激的なんですよ。同じお店だと勝手が分かっているじゃないですか。電話の向こうには聞き馴染みの受付スタッフがいて、お気に入りの子はどれくらい待つのかとか、プレイ内容とか。でも初めて利用するお店だったのでお店のシステムそのものさえ分からないからそれも刺激だったんですよね。デリヘル店っていうシチュエーションが違うだけで自分の気持ちもここまで変わるものなんだなって事に気付かされたと共に、これからはどんどんアウェーに打って出る事でもっともっと風俗ライフを充実させたものにする事が出来るんじゃないかなとも思わされましたよね。